今季初勝利 ~鳥栖市民DAY

昨日の広島戦は、原川のFKで1-0の勝利。

ただ、後半相手が10人になってからの方が試合を支配される。
1・2節はチーム走行距離が1位だったのが、今回は2位だし。
10年以上前から、相手が10人になると勝てないという、サガンの伝統なのか。

運動量が落ちて、セカンドボールが拾えない。
リードして人数が多かったので、無理をせずボールを保持していい場面もあった。

マッシモ自体、相手が10人になってからの動きには不満が残ったようなので、次節以降改善を。

良かった点は、豊の動きがやっと昨年の状態に戻ってきつつある。
権田もだいぶ試合勘が出てきた。
あとは陽平。


さて、開幕戦では微妙な判定に泣かされたけど、この試合は助けられた部分も。
前半、柴崎にネットを揺らされたシーンはオフサイドになったものの、リプレイで見たらオンサイド。
あそこで先制されると痛かっただけに、結果的に見ればこの判定は大きかった。

もう一つ、森保監督も触れていた、丸谷の退場シーン。
あれは妥当でいいのでは。
理由は以下の通り。

リスタートのパスに対して、それを防ぐために足を出すのは警告で妥当。
「藤田はパスをする気はなく、警告狙いで出した」という人もいるけど、リプレイで見ると、その直前に大地が「出せ」と手で合図をして、走っている。
つまり、あれはパス。
リスタートの位置が違うという点だけが、丸谷を擁護すべきところだけど、昨日は全体的にリスタートの位置については甘かった。


開幕3戦、内容はまだ満足できるものではない中で、1勝1敗1分。
去年のように、中盤戦に向けて、右肩上がりになってくれれば。


にほんブログ村




この記事へのコメント